ツインソウルの祈りをお受けいただいているみなさま、ありがとうございます。何も書いてなくてごめんなさい。フォローセッションをツインソウルのご案内記事に追記しました。よろしければご利用ください。



何気に冬至の星チャートを見ていたら
自分だけの宇宙を創っていく配置になっていて
「終わりと始まりのワーク」にもつながってる〜!と思って1人感動してました。

冬至から春分までは、動物も植物も土の中に入るように
みんな内側におこもりする時期です。
自分の中に入って、いろいろ考えたり楽しんだりしながら春を待つ。

冬至の星が語るのは、自分の創造性です。
私は何ができるのかな?何が楽しいかな?ってことを
冬籠り期間に見ていくとよいと思います。

私1人が楽しければいいというより、他の人も一緒にやるとか
人に教えたり伝えたり、結果的に社会で役立つというような
自分以外の誰かも入ってくる雰囲気です。
2017年春分図を見ると、ここで考えたことを外に出して
外の世界で試してみる流れになっています。


パートナーとの関係も深い時かなと思います。
伝えたいことは伝え、あいまいにしていたことがあるなら
風穴を開けてみてはどうでしょう。
これいいよー!と思うことをパートナーに話したり
新鮮な空気を取り入れてみると楽しそう。

お相手探し中の方は、パートナーに求めるものを
深く確認してみてください。
自分らしいパートナーとの形を見つけたり、場合によっては
今世は不要と思っていたり、人生の終盤でのほうがいいなど
出てくるかもしれません。



書いてみるとこんな感じです。

夏までいくと、冬と春で深めたものをベースに展開を始めるので
ちょっと試行錯誤するかもしれませんが
冬と春で、自分をじ〜〜っと見てみると実りは大きいと思います。

一斉「終わりと始まりのワーク」は、来年から始まる変化をサポートするものですが
この先は自分独自の宇宙を創ることが進むばかりなので
冬至の星のエネルギーとあいまって、お役にたてるのではないかと思います。

「この世界には私しかいない」。

おおもとである宇宙もいるけれど、究極それも自分なので
やっぱり自分しかいないってことかなと。
私も来年から新しくもリアルな道を歩いていこうと思います。

一斉ワークにご興味のある方はぜひ〜。お申込みお待ちしてます。